幼児・小学生を本好きで賢い子に! おすすめ絵本、児童書、おもちゃ、知育玩具、学習教材

子どもを本好きで賢い子にしたい!~幼児から小学生~ 司書の私と子どものおすすめ本を紹介しています

算数に強い子に! 幼児から小学生におすすめ本・知育玩具

f:id:kurokurokurochan123:20190628121253j:plain

わが子を算数に強い子にしたい!

好きとは言えなくとも算数でつまずく、なんてことがないように・・・。

本音はがっつり勉強を!と思うけれど勉強嫌いにして拒絶反応が出てしまっては元も子もないので少しずつ、遊び感覚で始めるのがいいようです。

ここでもやはり子どもの好きな絵本、そしておもちゃ(知育玩具)を使って楽しく始めましょう!

 

< 幼児むけ >

幼児向け絵本では、数を数える絵本がいっぱいあります。

まずは数字に親しみましょう。

定番の『はらぺこあおむし』かわいいイラストでボードブックもあり、ページに穴が開いていてめくるのが楽しいので子どももお気に入りです。数字は1~7までです。

 

さらに、『100かいだてのいえ』では1~100までの数字がひとつづつ並んでいます。

大人はつい読み飛ばしてしまいそうになりますが、子供はひとつづつ読んでいくことで数字を覚え、数の感覚をつかむのにいい本だと思います。

子供にも人気で、1階づつ進んで階数の数字を順に読んでいくという同じ設定にもかかわらずシリーズが4冊も出ています。うちの子も気に入って何度も読んでいました。

 

 

数に親しむ知育玩具(教材かな)としては

『100玉そろばん』がおすすめ。

口にだして数を数えながら、実際に指を動かして数える練習をするのにいいですよ。数の感覚が身に付きます。また、100玉そろばんは計算の練習、足し算・引き算・掛け算・割り算ができるそうです。使い方の説明書も入っています。

もっと活用するために子供が自分で読める『100玉そろばんかずのれんしゅうちょう』もあります。ぜひ一緒に購入されることをお勧めします。

100玉そろばん、うちの子でいちばん役立ったのは、繰り上がりの足し算をする際、10を超えるとなぜか分からなくなる事件(⁉)をこれで解決できました。

10の分解も目で見て分かりやすいです。

 

 \\ present にはこれ! //

子どもにおもちゃをプレゼントする際には、長く使えて、子供も喜んでくれて、実は知育玩具って最高だと思いませんか? 

一番のおすすめは、ボーネルンドの『ボーネルンド マグ・フォーマー』です。

うちにもあるのですが小さい子から小学校高学年でも楽しく遊べます。簡単に言うと四角や三角、五角形などの磁石でひっつくパネルのセットです。

組み合わせていろいろな形を作って遊べます。自由度が高いので年齢を問わず遊べます。また、車や電車もできるタイヤの付いたセットや、観覧車、お城が作れるセットなどもあります。

で、これで何が学べるのかというと、図形、立体の展開図が自然と身に付きます。

学校で図形の展開図を習うのは小学校3年生ごろですがそのころには、実際にパネルを並べて勉強にも使えます。

少し高価なおもちゃですが長く使えて十分に価値があると思います。

  

 

< 小学校低学年むけ > 

九九を楽しく手軽に

『ドラえもんアンキパン九九ブック』ミニブックで持ち運びに便利です。内容は単純に九九カードが本になったものですが、イラストがかわいいので子どもは喜びます。隅のイラストがパラパラアニメになっていて子どもが喜んでいました。

ドラえもんの九九ではCD『ドラえもん九九のうた』もでています。

CDを聞く機会のあまりないうちでは活躍しませんでしたが、友人宅では車移動の際にかけ流しているだけでほとんど覚えたと言っていました。

 

 

立体・図形に強くなる

上記の知育玩具『ボーネルンド マグ・フォーマー』のほかに、同じくボーネルンドの『ボーネルンド マグネティック マイティ マインド』もおすすめです。

形合わせのパズルです。うちの子はとてもはまってました。

 

図形に強くなる本では『算数脳ドリル 立体王 はじめての展開図』『さんすう考具 図形ドリル 天才編』がおすすめです。実際に展開図を切り取って確認することで立体への理解が深まります。

 

おもちゃでは『ポケモンマッチ棒パズル』いわゆるマッチ棒を並べて形を作るパズルですが、なかなか頭の体操になります。案外、子どもが先にできて得意になったりして。。。

 

この時期、何かさせたいと思うものの、なかなかできることが少ないですね。遊びながら図形の勉強を先取りではじめるのがいいと思います。 

 

 

算数の文章題を分かりやすく自習するためには『わくわく算数忍者 入門編』がおすすめです。ストーリーになっているので読みやすく、文章題の解き方を図を書くことで理解しやすくしてくれています。文章題の読解に戸惑った子にもぜひ。

 

計算を鍛えるには

『プレ100マス計算』、『100マス計算』も計算を早くするのに効果的。

 

 

 

< 小学校中・高学年向け > 

分数に強くなる

『分数ものさし』分数が印刷されたものさしと問題集があります。問題集では分数の計算を分かりやすく解説しています。

 

小数、分数の文章題には『わくわく算数忍者2修行編』もあります。

算数忍者は上記2冊の他、カードゲーム編2、図形、割合2で計7冊あります。

 

また、読んで算数に親しむにはドラえもんのマンガで学習するシリーズに『ドラえもん 算数パズルで遊ぼう』『すらすらわかるおどろきの小学算数』もあります。

 

こんな学習法もあります。

『暗算・算数に遊びながら強くなるびっくりサイコロ学習法』

 

 

息抜きにはこんなおもちゃもいかが?

『algo』(アルゴ)算数オリンピック協会が作った算数に強くなるカードゲームです。

 

 

幼児から小学生と年齢が上がるにつれ親のかかわりも変わっていきます。

小さい頃は絵本的なもので一緒に。それからだんだんと一人で出来るようになっていくサポートに。一人で学習する前に効率のいい学び方、習慣をつけてあげたいですね。

それぞれの子にとって自分のやり方を見つけられる良い本と出会えますように。

少しでも手助けになれば幸いです。

 

 

すぐに大きくなる子ども。

知育玩具・おもちゃの定額制レンタルもあります。

 

 

\\  他の記事も見てね! //

 

www.kurohome.net

seki.kurohome.net